読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺駅直結アーユルヴェーダ専門サロン Lakshmi ~ラクシュミー~

インド政府認定のオイルを体質チェックでそれぞれご準備させて頂きます。アーユルヴェーダ手技アヴィヤンガですっきりデトックス、流れの良いカラダ目指しませんか??

足元を温めると、どうなるのか?!

こんにちは(*´▽`*)

以前書いた、『風の邪気と書いて、風邪っ!!』の記事で
冷えのぼせがある方は、まずは足元から温めるのがオススメと書きました☆

 

なので、今日は足元を温めるとどうなるのか!!
について書いてみますね(*´▽`*)♪

 

昔っから口をすっぱくして足を冷やすな冷やすな言われてますね。
もう耳タコな方も多いのではないでしょうか??笑

 

ではなぜ足元を冷やすなと言われるのか。
温めるとどうなるのか。

 

足の裏には、水に属し、生命力にも関係する経絡(ツボの道)があったり
足をよく動かすことで全身温まるので足元を温めなさいは、動きなさいの意味もあったりしますが
今日は、解剖生理的な観点でお話します☆

 


まず、熱を全身に運ぶのは『血液』のお仕事です。
そして、冷えを運ぶのも『血液』のお仕事です。(*´▽`*)

 

血液の通り道はご存知の通り、『血管』ですね。

血管はポンプである心臓から出て
足先、手先に向かってどんどん細くこまかくなっていきます。

 


それで
心臓から熱(酸素)を末端へ運ぶのが →動脈
末端から冷(二酸化炭素)を心臓へ運ぶのが →静脈
ものすごくざっくりした書き方ですがこんな感じです☆

 

足先になると血管はどうしても細くこまかくなっていくのですね。
すると冷えやすいのは冷えやすい。
ですが、細い血管(毛細血管)なので物質の交換が頻繁にできるというメリットもあります♪

 

で、足から心臓へ向かう血管(静脈)は、途中でとても大切なところを通ります。
(まぁ、臓器はみーーーんな大切なんですけどね♪♪)


それは
『卵巣』です!!(*´▽`*)

 

f:id:lakshmi0943:20170321120541p:plain

鼠径部を通る太い血管が左右にありますが
鼠径部付近には卵巣が近くに存在しています。

 

冷えた血液が静脈を通ると、近くにある卵巣や子宮も冷えてしまいますね( ;∀;)
想像しただけで、ぶるっとしちゃいます。。。おぉっ怖い。。

 


卵巣や子宮は赤ちゃんを産み育てるのにももちろん大切な臓器ですが
女性自身を守る役目ももっています。

 

そんな、卵巣や子宮に恩返しするためにも
足元から温めてみませんか??(*´▽`*)♪♪

 

なんとなく冷やさないように、よりイメージがあったほうがやる気がでますよね♪
温かい血液が、子宮や卵巣に流れ込むイメージだけでもきっと喜んでくれますよ。

 


レッツ ぽかぽか~(*´▽`*)♪

 

 

アジアンリゾートセラピー LAKSHMI~ラクシュミー
TEL 072-227-0943
住所 大阪府堺市堺区戎島3-22-1 南海堺駅ビル 3F

www.lakshmi-kn.jp